「TOEICの点数どれくらいあればワーホリに行けるの?」

ワーホリ

こんにちは、Asakobananaです。

皆さんはワーホリへ行くためにどれくらいの英語力が必要だと思いますか。

「TOEIC100点代だしワーホリとかムリ!」

「TOEIC900点あるからワーホリは余裕」

こんなかんじでTOEICの点数を軸に英語力を考える人も多いと思います。

結論からいうと、海外生活を可能にする英語力の目安として「TOEICの点数はあまりあてにならない」です。

海外で生活するのに必要な英語って、シンプルに自分が言いたいことを言えるかどうか、相手の言うことがわかるかですよね。

実際に、「TOEICが100点でも、話せる人はいます」し、「TOEICが900点あっても話せない人はたくさんいます」

なぜTOEICの点数はあまりあてにならないのか。

ではなぜ、TOEICができても話せない人、TOEICができなくても話せる人がいるのでしょうか。

・リーディングとリスニングのテストに過ぎないから

ご存知の通り、TOEICってリーディングとリスニングのテストになります。

・リーディング:英語の読解力をはかる

・リスニング:聞き取り能力をはかる

もちろん、この2つは海外生活をする上でとても大事なものです。

でも、リーディングってそこまで必要ですかね?

実際リーディングよりも英語を話すスピーキングの方が生活を送る上で使います。

・英語を話せる:英語力<性格によるものが大きいから

実際に英語を話すのって、英語力よりも「英語を話すことへの抵抗力がないか」という内面の部分が大きいです。

文法も単語もめちゃくちゃ知ってて、読解力もあるのに話せないという人は、まず、英語を話すこと自体に慣れていなく、話すことに抵抗がある人が多いです。

そんな人は失敗を極端に恐れてしまう傾向があり、英語を話すことが怖い!とまではいかなくても抵抗が強いのです。

逆に、文法も単語も全然知らないけど、海外の方とコミュニケーションがとれちゃうなんていう人もいます。

そんな人は、英語を話すことへの抵抗よりも、「根拠のない自信」「分かり合いたいという積極的な前向きさ」があります。

日本人にはあまりこういうタイプは多くないですが、アラブ系や南米には多いですよね。笑

こんなタイプの人は文法がぐちゃぐちゃでも積極的に英語を話そうとします。

もちろん挑戦をすれば失敗もあるので、失敗はモノにしながらどんどん話していきます。

次第に自信になっていき、発音・単語・文法力も磨かれていってうまく話せるようになっていくのです。

まとめ

以上、TOEICの点数が海外生活を送る上であまり参考にならない理由を説明しました。

もちろん英語力をはかるものとしての目安にはなるとは思いますが、点数が低いからといって自信をなくしたりワーホリを諦めてほしくはないです。

英語力よりも大事なマインド▼

・根拠のない自信

・分かり合いたいという積極的な前向きさ

もちろんこのマインドだけあればすぐに話せるようになるということではありません。

英語力はあるに越したことはないので、事前に勉強しておくのがベストです!

ですが、TOEICの点数が低くても高くても、「積極的なマインドが海外生活を成功させるキーになる」といってもいいと思うのです。

あまり英語力がないことをコンプレックスに思いすぎず、海外では自信をもっていろんな国の方とのコミュニケーションを楽しんでください(^^)

ワーホリに踏み切れない、会社を辞める勇気がないという方はこちらの記事も参考にしてみてください。

会社を辞めて海外に出ることはプラス?マイナス?

最後までお読みいただきありがとうございました!

よかったらポチっとしていただけたら嬉しいですm(__)m

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ワーホリ
スポンサーリンク
Asakobananaの放浪記

コメント