カブルチャーのイチゴファーム仕事事情~ピッキング編~

オーストラリア
 

こんにちは、Asakobananaです。

カブルチャーのイチゴファームでの仕事は主に2つ。

  • カッティング:余分なツルを切っていく仕事
  • ピッキング:イチゴを採る仕事

カッティングについてはこちら↓

カブルチャーのイチゴファームはどれくらい稼げるか?~カッティング編~

今回はピッキングについて、

仕事内容や給料、キツさのポイントなどを書いていきたいと思います。

ピッキングの仕事内容

イチゴを採っていくだけなのですが、大きく2つにわけることができます。

ハンドピッキング

こちらは道具を何も使わず、手だけを使って採る仕事。

通常イチゴの実が少ない状態の時にハンドピッキングを行います。

片手でトレーを持ち、イチゴ畑を歩いていき、赤くなっている実があったら片手で採っていきます。

トロリーピッキング

こちらはハンドピッキングとは違い、トロリーと呼ばれる三輪の車?に乗りながらイチゴを採る仕事です。

イチゴの実が多くなっている時はトロリーピッキングになります。

1人2列割り振られ、1列目が終わったら2列目にずれる→2列が終わったらスーパーバイザーに報告して次の2列を貰う。と、こんな流れです。

あらかじめトロリーにトレーを何個か積み、その中にイチゴをいれていきます。

 

全てのトレーがいっぱいになったら、トレーを回収するトラックまで運びます。

ハンドピッキングとはちがい、実が多いのと両手で採るので、すぐにトレーがいっぱいになります。

↓トロリーピッキングの様子(動画)↓

 

ピッキングの給料

ハンドピッキング=時給制!

だいたい18~23ドルのところが多いですね。

イチゴが少ないと採る作業も少なくなり、ただイチゴ畑を歩くだけなので、

1時間で23ドル貰えるのはありがたいです。

ただ、イチゴの量が多くなってくると、歩いている時間よりも腰を曲げて採る時間のほうが長くなるのでキツくなります。

トロリーピッキング=歩合制!

歩合制は歩合制でもファームによって、1kgあたりの値段で給料を計算するところと、1トレーあたりの値段で計算するところがあります。

どちらがいいかというところですが、個人的には1kgあたりの値段でやってくれるところの方が絶対いい!と思ってます!!

理由はより公平だから。

細かい話はこちらの記事をご参考→【カブルチャーファームの見極め方】より稼げる&ストレスフリーなファームはここを見れば分かる!

1kgまたは1トレーあたりの値段は、皆がどれくらいの量を採ったかによって週単位で決まります。

シーズン前だと皆がとる量が少ないので、レートは高くなりますが、

シーズンが始まって、また皆のスピードが慣れて上がってくると、レートは低くなります。

どれくらい稼げるかはファームや時期によって変わってきますが、

トップピッカーだとシーズン前でも1日200ドル以上稼いでいました。。

最初は慣れないので、1日100ドル稼ぐのも難しいですが、

イチゴのピッキングはやればやった分、慣れて速くなります!

ピッキングのきつさ

腰への負担

ハンドにもトロリーにもいえますが、地面に近いイチゴを採るにはかがんだ姿勢になるので、やはり腰にはきます。

ただ、カッティングほどは身体への負担は少ないので楽に感じるかもしれません。

カッティングのキツさは異常なので。。笑

トロリーが重い

トロリーピッキングって座って採るので、そんなにつらくはないんですが、

トロリーが重たいので、移動時間や開始前の運ぶ時間はわりと苦痛です。

ピッキングよりも運ぶ時間が一番しんどかったです。。。

まとめ

以上、ピッキングの仕事事情についてご紹介しました。

イチゴのピッキングは初めはきついかもしれませんが、

慣れてくると楽に感じる人も多いと思います!

「ファーム仕事の中では1.2番を争うくらい楽!」というひともいるくらいです。

日本ではできない経験なので、ぜひオーストラリアにいるうちにイチゴファームで働いてみることをオススメします(^^)

ただカブルチャー名物イチゴファーム、実際かなり悪いところもあるようなので、下の記事も参考にしてみてください!

カブルチャーでのイチゴファームって本当にヤバいとこしかないの?成功の秘訣は・・

最後までお読みいただきありがとうございました!

よかったらポチっとしていただけたら嬉しいですm(__)m

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村

オーストラリア
スポンサーリンク
Asakobananaの放浪記

コメント