カブルチャーのイチゴファームはどれくらい稼げるか?~カッティング編~

オーストラリア

 

カブルチャーでのイチゴファームって本当にヤバいとこしかないの?成功の秘訣は・・

こんにちは、Asakobananaです。

カブルチャーでのイチゴファームでの仕事といったら、

カッティングとピッキングが主にあります。

  • カッティング:余分なツルを切っていく仕事
  • ピッキング:イチゴを採る仕事

その中でも今回はカッティングについて、

仕事内容や給料、キツさのポイントなどを書いていきたいと思います。

カッティングの仕事内容

イチゴの実がなっているツルはギリギリのところまで、実がなっていないツルは根本のほうまで切ります。

その際にはさみやナイフを使うのですが、物によっては切れ味の悪いものなどもあるので、そこから競争、早い者勝ちです。笑

ファームによっては、

「伸びたツルを別の穴に植えろ!」(プランティング)いうところや、

「イチゴ以外の雑草があったらすべて抜け!」いうところなどがあります。

正直、ツルを切ること以外にプランティングや雑草抜きがあるのは厄介だし面倒くさいです。。

また、慣れると早く終わらせたいあまり雑にやってしまいがちですが、

スーパーバイザーのチェックに引っかかると最初からやり直しなんていうこともあるので、丁寧にやります。

1列が終わるとスーパーバイザーに報告をして、チェックをしてもらい、ノートに記録されます。

そのノートの記録が最終的に給料に反映されるので、正しく記録されているか確認するべきです!

多くの人を見ないといけないので、たまに記録が漏れていることもあるので…

カッティングの給料

1人1列もしくは2人1列ずつ進めていき、1列あたり12~18ドル。

列の長さや、ツルのボーボー具合によって値段が変わります。

だいたい1列15ドルで、みんな1時間くらいかかります。

つまり時給15ドルですね。

初めての人だと、だいたい慣れている人の半分以下のスピードです。

私も最初は1列2時間以上かかっていて、時給換算8ドルくらいで死にそうになってました。。

でも、カッティングの仕事って本当に慣れでどんどん速くなっていきます!

最初は周りの人が速すぎると感じ、追いつく思いで必死でしたが、

慣れてきたときにはファームの中でも上から3番目くらいに速くなっていました!

それでも最高時給20ドルいかないくらいでしたが。。。

カッティングのきつさ

カッティングは不人気度は断トツでNO.1。

実は皆が大嫌いな仕事!

理由1:体への負担が半端ない!!

イチゴってご存知のとおり地面に近いところに生えています。

なので、しゃがみっぱなしもしくは膝を地面につけて進んでいきます。

だいたい朝6:30から始まり11:00くらいに終わりますが、

何時間もこの体勢は、さすがに脚や腰にきます。。

最初のころは1時間だけでも限界でした。

慣れても気合がないと乗り切れません!笑

その日の夜はマッサージをしたり着圧タイツを履くなどしないと、次の日にもずっと疲労が残ります・・

本当に並々ならぬつらさなんです。。

理由2:稼げない!!

速い人でも時給20ドルいくかいかないかくらいです。

身体きついし稼げないので割に合わない=皆が嫌がるということなんですね。

まとめ

以上、カッティングの仕事についてご紹介しました。

経験上やってみたいという方は止めないですが、

できればピッキングで稼ぎにきた方がいいかなと思います。

特にカッティングは腰痛持ちの方にはオススメしません!!

また、ピッキングはトロリーピッキングが始まるシーズン開始後がいいと思います!

(その年にもよりますが、2018年は4~5月はカッティング、6~7月からがピッキングでした!)

ピッキングについての記事はこちら↓

カブルチャーのイチゴファーム仕事事情~ピッキング編~

最後までお読みいただきありがとうございました!

これからも応援おねがいしますm(__)m

よかったらポチっとしてください!

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村

 

オーストラリア
スポンサーリンク
Asakobananaの放浪記

コメント