『メルボルン郊外Lakes Entrance』何度も訪れたくなる理由とは?!野生のコアラに90マイルビーチ…

オーストラリア

こんにちは、Asakobananaです。

ビクトリア州にあるLakes Entranceという街をご存知でしょうか?

メルボルンから3時間半西へ進んだところの超ド田舎にあり、名前すら聞いたことない!という方も多いかもしれません。

私たちはLakes Entranceから車で30分のBairnsdaleというビル一つないド田舎で、

3週間ほどBeans pickingをして過ごしていました。

→【過去最悪のファーム仕事】メルボルン郊外で働いたBeans Pickingについて書きます。

休みの日はよくLakes Entranceへ遊びに行ったので、今回はLakes Entranceへ何度も訪れたくなるほどの魅力をご紹介したいと思います!

Lakes Entranceとは??

メルボルンより西の田舎のエリアの中でもっとも人気のホリデースポット

Lakes Entranceという地名の由来

Gippsland Lakesという複雑な地形からできたいくつもの湖が海洋に出ていく出入口になっていることにちなんでつけられた。

湖、海、陸のすべてが複雑に形成されていることにより、湖でのボート、海水浴、陸でBBQと楽しみ方のバリエーションが多いところも人気の理由なのです!

この地図からもお分かりの通り、Lakes Entranceのカフェやレストランなどが集まる小さな街は水辺に面しており、

長い歩行者専用の橋を渡るとビーチのある半島へ行くことができます。

\橋の向こう側がビーチのある半島/

Lakes Entranceの魅力3つ!

今回は、そんなLakes Entranceの中でも特に人気で、誰もが楽しめるスポットを3つご紹介したいと思います。

90 mile Beach

Lakes Entranceにあるビーチは90 mileも続くことから90 mile beachといわれています。

街から橋を渡るとボート乗り場やちょっとしたカフェがあり、すぐ先に広大なビーチが広がっています!

人の手つかずで自然なままという感じがとてもオーストラリアっぽくて好きです!

夏は海水浴客でにぎわうことはもちろんですが、ここは冬でも比較的温暖の為、水着でそべっている人も多いです。

\広すぎて、歩いても端っこが見えてきません/

少し歩くと人が全くいなくなって、プライベートビーチ感を味わえますので、

周りを気にせず騒ぎたい楽しみたい方にはぴったりです!!

名物ミニゴルフ

Lakes Entranceの中心街は端から端まで歩いても20分かからないくらいなのに、その道中にミニゴルフがなんと3つもあるんです!

その中でもEsplanade Mini Golf, Icecream & Lolly Shopというトリップアドバイザーのアクティビティの中でNO.1を獲得している人気店。

こちらは街のど真ん中にあり、恐らくこの街で一番派手な外観です。

\誰が見てもすぐに分かる外観/

店名のとおり、アイスクリームやキャンディなどのお菓子も種類豊富に売られているので、ファミリー層には大人気!

コースは全部で18コースあり、1人9ドルで遊べます。

全コースが終わったら最後におまけのミニゲームがあります。

私たちはこれで次回のミニゴルフ1プレイ無料で遊べました!

こちらに行った際の詳細は次回別記事にて書きたいと思います。

野生のコアラ

厳密にいうとLakes Entranceではないのですが、隣町のPaynesvilleから無料フェリーで5分ほどの場所にあるレイモンド島。

人口約500人というとても小さな島ですが、こちらではビクトリア州で最も多数のコアラが生息している場所なんです!

オーストラリアに来てまだ野生のコアラを見たことがない方は必見です!

島に着いた瞬間コアラの看板があちこちに立っていて、「コアラウォーク」と呼ばれる約1時間ほどのルートを歩いてコアラ探しをするのが定番の楽しみ方です。

最初は10分程住宅街を歩くので、「こんなところで本当にコアラを見ることができるのか」と少し心配していました。

しかし、歩いていくと公園のような広場に入っていき、たくさんのコアラが木の上で眠っているんです!

\なんと21匹のコアラを1時間で発見!/

よくて2~3匹見れたらラッキーかなというくらいの気持ちで行ったので本当に期待以上でした!!

まとめ

以上、Lakes Entranceの魅力についてご紹介しましたがいかがでしょうか?

メルボルンから4時間近くと近い距離とはいえませんが、週末を使ってでも出かけてほしいくらいオススメの場所なので、ぜひ参考にしていただけたら嬉しいです。

コメント