ワーホリで語学学校に行かない方がいい3つの理由

ワーホリ

こんにちは、Asakobananaです。

ワーホリで語学学校に行かない方がいいの?と聞かれることが多いので、

私なりの考えワーホリでは語学学校に通わない方がいいということについて、経験に基づいて少し書きたいと思います。

「語学学校で数か月→仕事数か月」というパターンが王道になっていますが、私は断じてワーホリでは語学学校に通わないことをオススメします!

ワーホリで語学学校に行かない方がいい3つの理由とは?

日本より高時給で稼げるから!!

特にオーストラリアやニュージーランドは物価が高い分、賃金も高いので、働けばかなりお金はたまります!

※2018年度時点の各国の最低時給

オーストラリア $23.66 (約2,000円)
ニュージーランド $16.50 (約1300円)
日本(全国平均) 874円

実際日本でOLしてた時よりも稼げました。(がんばれば月40万円とかふつうにいきます!)

こんなに稼げるのに語学学校へ数か月行っていたら、もったいなくないですか?

働いていると1年間って本当にあっという間に終わります!

海外で働くという経験は貴重だから

ワーホリビザって考えてみたら本当にすごいと思うんです!

年齢制限はありますが、誰でも海外で働くという経験ができるんですよね。しかも正社員という形ではなく、アルバイトとして手軽に。

こんな簡単に働けるビザって他にはないですよね。

海外で働くことって留学や旅行とはまた違って、その土地に対して特別な感情が生まれるというか…それ自体が特別な経験になります。

そんな特権もワーホリビザの有効期間1年(あるいは2年)だけなんですよね。

そう考えると学校なんて行ってる暇なんてありません!笑

語学学校ならワーホリじゃなくてもいける

エージェントに相談すると、ほぼ100%「語学学校で英語力を身につけてからじゃないと仕事は不可能」と言って語学学校をゴリ押しされます。

それも当然です。エージェントは語学学校から紹介料をもらって儲けているわけですから。

確かにエージェントの言う通り、英語力がないと仕事探しは難しいというのは本当です。

特にローカルは時給が高くて人気なので、Helloしか言えない人が採用されることはほぼありません。(現実問題、気合と愛嬌だけでは限界があります!)

つまり、仕事をしたい方はある程度英語に慣れていないと厳しいです。

でも、英語力をつけるのって、ワーホリ中じゃなくてもいけます。

勉強だったら日本でできますし、語学学校へ行きたいなら学生ビザでもいいはず。

オーストラリアやニュージーランドの語学学校って金額的にかなり高いので、セブやフィリピンで格安で語学学校に通ってからワーホリというのはかなりありだと思います。

ワーホリ中に語学学校へ通う時間はもったいない!!

以上、ワーホリで語学学校へ行かない方がいい3つの理由をご紹介しました。

もし、あなたが30歳以下でワーホリビザを取得できるのであれば、勉強以外の経験を重点的にしてみてはいかがでしょうか?

語学学校へ通う人の通う理由、人脈英語力は他でまかなうことができます。

人脈:語学学校でなくても作れる

英語力:他国や日本で勉強できる

周りの人たちを見てきましたが、語学学校行ってる時間がもったいなかったと後から言う人も少なくありません。

ワーホリで語学学校へ通うか迷っている方には「語学学校→仕事」だけがワーホリの道ではないということをぜひ覚えて頂けたらと思います。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました!

よかったらポチっとしていただけたら嬉しいですm(__)m

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

英語の勉強はワーホリ前にやっておこう→【これ重要!】ワーホリ前に英語の勉強をやっておくべき理由
ワーホリ
スポンサーリンク
Asakobananaの放浪記

コメント