ネルソン観光のおすすめ!「Center of New Zealand」

ニュージーランド

こんにちは、Asakobananaです。

今回は、南島ネルソンにある「Center of New Zealand」という人気の観光地を紹介します。

日本語にすると「ニュージーランドのへそ」です。(ここがこの国の中心地点なのかどうかは後ほど書きたいと思います。)

Center of New ZealandはBotanical Hillという高さ147mの丘の頂上に位置しており、頂上まではいくつかのウォーキングコースがあります。

街の中心部から頂上までも徒歩約30分という手軽さも人気観光地になっている理由のひとつでしょう。

街からでると川沿いをしばらく歩くのですが、川沿いもいい散歩コースでした!

ウォーキングコースについて

スタート地点はBotanic Sports Fieldという公園を通ってBotanical Hillのふもとから出発します。

(ちなみにこの公園は1888年にニュージーランドで最初にラグビーの試合が行われたそうです!)

トラックは木陰の中を登るので快適です。少し勾配が急ですが、ふもとを出てから15分ほどがんばって登るとひらけてきて、あっという間に頂上に到着します!

頂上からの眺めはとってもきれいです!

ネルソンの街側の景色

山側の景色

ニュージーランドって街のすぐ近くに丘があったりするので、こんな景色はたくさん見てきたけど、やっぱりいつ見ても大自然の絶景には感動します!

ベンチや芝生もあるのでしばらくここで景色を眺めながら休憩。

お弁当を持ってきてピクニックをしてる人もたくさんいました!

ある人はペットの犬を散歩がてら連れてきていたのですが、その犬がフレンドリーで頂上で一人一人に挨拶をしてまわっていてとっても癒されました!

Center of New Zealandは本当なのか?

さて、ここがニュージーランドのへそといってもいいのか?という疑問ですが、答えはなんとNOです。

ここはJohn Spence Browningという人物が1870年代に初めて三角法によって中心地点の調査をした地点であって、その後の調査によると中心地点ではないことが証明されています。

では本当のニュージーランドのへそは?

1962年の調査によると、ネルソンから車で39分南西のSpooners Rangeというなにもない森の中だそうです。。地図で確かめたら本当になにもなさそうなところでした!


いかなる事実であれ、気軽に登れて眺めも良いのでぜひ行ってみてください!
観光客にも地元民にも愛されているCenter of New Zealandでした!

ニュージーランド
スポンサーリンク
Asakobananaの放浪記

コメント