【カブルチャーファームの見極め方】より稼げる&ストレスフリーなファームはここを見れば分かる!

オーストラリア

こんにちは、Asakobananaです。

カブルチャーってたくさん求人があって、どこにするべきか悩みますよね。

実際カブルチャーにはたくさんのイチゴファームがあります。

今回はいいファームの見極め方をご紹介したいと思います。

いいファーム=ここでは「より稼げる」「よりストレスの少ない」ファームと定義します。

給料が支払われない、差別が酷いなんていうファームは論外です!

悪いファームに引っかからないようにするために下の記事も参考にしてみてください!

カブルチャーでのイチゴファームって本当にヤバいとこしかないの?成功の秘訣は・・

いいファームの見極め方

ピッキングレートの計算方法

ピッキングではどれだけとったかで給料が左右される歩合制が一般的。

ファームによって計算方法が異なります。

1kgあたりの値段で計算するところ

(例:1kg2ドルのレートで50kgとったら給料は100ドル)

1トレーあたりの値段で計算するところ

(例:1トレー2ドルのレートで50トレーとったら給料は100ドル)

どちらのほうがいいかという話ですが、1kgあたりの値段で計算するところのほうが絶対いいと思います!

理由は、1トレーあたりの値段で計算する方法だと、人によってトレーにいれるイチゴの量にバラツキがあって不公平から。

例えば、1トレイ2層半のイチゴをいれなければいけなくても、なるべく多くのトレー数を稼ぎたいがために1層半しか入れないズルい人もたくさんいます。

極端な話、1トレーに1.5kgのイチゴを入れても、3kgのイチゴをいれても給料は同じなんです。

「じゃあ少なくいれた方が得じゃん!」

この考えに陥りがちなんですが、、

チェックされたときに少ないのがバレルと、良くてやり直し、最悪トレー数をカウントされない場合もあります・・

せっかく頑張ってとったのに全部水の泡に・・なんて絶対イヤですよね。

なので、指示通り2層半くらい入れるのです。

でも、それでもやはり差はでますね。

怒られないようにたくさん入れる人が損をし、少なめに入れる人が得をしてしまう・・

これじゃ不公平だ!ということで、無駄なストレスを抱えなくて済む、

1kgあたりの値段で計算をするファームの方を私はオススメします(‘ω’)ノ

周りのスピードレベル

周りのピッカーたちのレベルも重要です。

なぜなら、レート=全員がとった量によって決まるから。皆がとった量が多ければ多いほど、レートは低くなります。

では皆がとった量が多い時というのはどういう時か?それは・・・

・シーズン中など実がたくさんなっている時

・ピッカーたちのスピードが速い時

これは明らかですよね。

ファームによっては、何年もやってるベテランのマレーシア人やミャンマー人がたくさんいるところもあります。笑

そういうファームではファーム仕事を始めたばかりのワーホリ軍が稼げるはずありません!なので、初心者ばかり集まるファームのほうが圧倒的に稼ぎやすいです。

ファームの規模

これは一概にいえないですが、ファームの規模はできれば小さいところのほうを私はお勧めします。

ファームの規模が大きい=多くの人数、広い土地

ファームの規模が小さい=少ない人数、狭い土地

大きいファームで働くと、必然と移動時間が長くなります。

歩合制の仕事なので、イチゴを採っている時間以外は給料は発生しません。

なので、できる限り移動時間は少ない方が稼げます。

何よりも、トロリーを運ぶのってかなり疲れるんですよね・・

ピッキングしてるときは座っているので割と楽なんですが、この重いトロリーを運ぶのがすごくしんどくて私は嫌いでした。

坂の多さ

坂が多いファームは、移動時間だけでなく、ピッキングする時にもかなり体力を使います!

下り坂の時は足で踏ん張って前に進まないようにするし、上り坂の時は足で踏ん張らないと前に進みません・・笑

イチゴを採るのに集中したいのに、こんなところで頑張りたくないです。。

ちなみにD1というファームはかなり広く、坂道も多いので、めちゃくちゃ大変でした!!

まとめ

以上、カブルチャーでいいファームの見極め方をご紹介しました!

同じイチゴのピッキングだったらよりストレスフリーで、より稼げるところがいいですよね。

実際に行って働いてみないとわからないことも多いですが、ぜひ紹介した4つのポイントはぜひ参考にしてみてください♪

最後までお読みいただきありがとうございました!

よかったらポチっとしていただけたら嬉しいですm(__)m

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村

オーストラリア
スポンサーリンク
Asakobananaの放浪記

コメント