最低限これだけはやって帰ろう!ニュージーランド最南端の街ブラフ(Bluff)でやること3つ!

ニュージーランド

こんにちは、Asakobananaです。

ニュージーランド最南端に位置する町ブラフ(Bluff)、ここは人口わずか1850人の小さな港町で、観光のための町という感じはあまりありません。

しかし、そんな大きな町ではないと知っていながらもニュージーランドにせっかくいるのだから単純に最南端に行きたいと思ったので行ってきました!

ブラフへ訪れたらやっておくべきこと3つを書きたいと思います。

スターリングポイント(Stirling Point)で記念撮影しよう!

これは世界の各都市までの距離がかかれている看板です。

ここで記念撮影をする観光客が何組かいました!

SNSにもたまーにあがっているのを見かけます。

東京までの距離は9567km。

埼玉県熊谷市までは9632km。

なぜ熊谷?!

と思いますが、ここブラフは実は埼玉県熊谷市と姉妹都市なんです。

熊谷を知らないノンジャパニーズはKUMAGAYAってどこやねん!ってなりますよね。。

 ブラフ・ヒルの遊歩道をウォーキングしよう!

スターリングポイントからいくつかウォーキングトラックがありますが、せっかく行くならブラフ・ヒル(Bluff Hill)までいって絶景を見て戻ってくるコース約2時間半がおすすめ!

まさかブラフで2時間半のウォーキング(もはや登山)をするとは思いませんでしたが、頂上からの絶景パノラマビューも見て大自然にも触れて、充実した時間を過ごせました!

こちらのウォーキングについてはボリューミーになったので別記事にしました。こちらをご参考ください!

頂上まで行かなくてもLookout Pointまでなら平坦な道で50分で行けるので気軽なウォーキングがしたい方はぜひ。

ブラフオイスターを食べよう!

ブラフオイスターとはここブラフで毎年4~6月で採れる超人気の牡蛎で、牡蛎好きの間ではファンも多いのです。

ブラフに来たらこの大定番のブラフオイスターを食べずして帰れません!

このブラフオイスターが食べれるおすすめのレストランは、スターリングポイントの目の前にあるOyster Caveというレストランです。

1軒ドンっと建っているので迷うことはありません!

なんといっても店内は全席オーシャンビューなのです。

ブラフオイスターは1/2ダース$39、1ダース$59!

正直めちゃくちゃ高いです。。

調理法は4つあり、1ダースの注文の場合6個ずつ2種類選べます!

私たちは生(シンプルに塩とレモンでの味付け)とグリル(トマトソースとマスカルポーネ)を選びました!

この牡蛎のプレートには山盛りポテトもついてきます。

見た目は普段慣れ親しんだ日本の牡蛎と比べると半分くらいのサイズでかなり小ぶりです。

味はしかし恐ろしくクリーミーで食べた瞬間にとろけます!

うわさ通りかなりの絶品でした!!

まとめ

以上、これだけはやって帰ろうブラフでやること3つ紹介しました!

ニュージーランド最南端の町ブラフはそこまで有名ではない小さな町ですが、観光客も少なくゆっくり落ち着いて楽しめます。

訪れた際には是非参考にしてみてください!

コメント